ここがポイント!住宅ローン審査

ここがポイント!住宅ローン審査

住まいを得るときの住宅ローン審査は年収より年齢

ここがポイント!住宅ローン審査
アンケートなどを見ると、年収はいくらですかと聞かれることがあります。
それくらい大事な情報になっているのでしょう。何らかの契約をするときには、答えるだけでなく、それを証明する書類の提出を求められることもあります。
その場合には、年収が何らかの判断をするのに使っていることになります。
契約をして利用を続けるにあたって、支払いをしなければいけないことがあります。
その支払を十分していけるかどうかを見ることになるのでしょう。年収が十分にある人であれば、通常の生活費としての支払いのほか、そちらの契約の支払いについても支払ってもらえるとします。
少ない場合には、場合によっては利用することができない場合もあるのです。

住まいを購入するにあたって、全額をキャッシュで支払うことは少ないですから、その前には住宅ローン審査を受けることになります。
この時に聞かれることとしては年収があります。
そして、年収に関する資料の提出も求められます。
では、年収が最も重要な要素になるかですが、そうでもないと言われています。
それ以上に重要な情報とされているのが年齢となります。
年齢の時には2つの年齢が重視されます。
まずは、ローンを開始する年齢です。
20歳から40歳ぐらいまでになることが多いでしょう。働き盛りと言われる年齢になります。
この年令があまり高いと利用できないこともあります。
もちろん相談には乗ってもらえますから、自分に有利になるように話をしていきます。


もう一つとしては完済時年齢があります。
開始時年齢と、何年ローンを組むかで、自動的に完済時年齢が決まってきます。
30歳で30年で60歳、40歳でも20年であれば60歳になります。
定年退職していると返済が難しくなりますから、40歳で30年の70歳だとギリギリになるかもしれません。ですから、50歳でも、10年や15年であれば可能性が出てくるでしょう。年収に関しては、変動が見込まれるから、要素として少なくなっているのかもしれません。